hirosanote’s blog

検証環境の構築手順やネットワーク機器のテスト結果、関連する事について記載します。このブログは個人で行っており、所属する会社とは関係ありません。

Leap Indicatorをセットしたパケットを作成する方法

うるう秒のテストのために、Leap Indicatorをセットしたパケットを作成する方法です。

以下のページを参考にしました。

https://support.ntp.org/bin/view/Dev/LeapSecondTest

 

使用したNTP Server用OSのインストールイメージ
CentOS-6.5-x86_64-minimal.iso

 

手順
1.CentOS 6.5をインストールします。

 

2.FireWallを停止します。
/etc/rc.d/init.d/iptables stop
chkconfig iptables off

 

3.SE linuxを停止します。
vi /etc/selinux/config
SELINUX=disabled

 

4.NTPサービスをインストールします。
yum install ntp

 

5.閏秒のファイルを保存します。
mkdir /var/ntp
cd /var/ntp
yum install wget
wget https://www.ietf.org/timezones/data/leap-seconds.list

 

6.ntp.confを編集します。
vi /etc/ntp.conf
server設定をコメントアウトします。
#server 0.centos.pool.ntp.org iburst
#server 1.centos.pool.ntp.org iburst
#server 2.centos.pool.ntp.org iburst
#server 3.centos.pool.ntp.org iburst
以下の設定を追加します。"127.127.1.0"は、上位から時間を取得せず、ローカルNTPサーバとして動作します。
server 127.127.1.0
fudge 127.127.1.0 stratum 10
leapfile /var/ntp/leap-seconds.list

 

7.CentOSの時刻を変更します。
date -s "2016-12-31 23:30"

 

8.NTPサービスを再起動します。
service ntpd restart

 

9.うるう秒を認識していることを確認します。(leap=01)
ntpq -nc rl
associd=0 status=4519 leap_add_sec, sync_local, 1 event, leap_armed,
version="ntpd 4.2.6p5@1.2349-o Tue May 31 10:09:21 UTC 2016 (1)",
processor="x86_64", system="Linux/2.6.32-431.el6.x86_64", leap=01,
stratum=11, precision=-24, rootdelay=0.000, rootdisp=7948.115,
refid=LOCAL(0), reftime=dc123f77.5fcd7a5d Sat, Dec 31 2016 23:30:15.374,
clock=dc123fa1.392bdd78 Sat, Dec 31 2016 23:30:57.223, peer=5112, tc=6,
mintc=3, offset=0.000, frequency=0.000, sys_jitter=0.000,
clk_jitter=0.000, clk_wander=0.000, tai=36, leapsec=201701010000,
expire=201706280000

 

10.NTPクライアントからパケットキャプチャを行いLeap Indicatorがセットされていることを確認します。

f:id:hirosanote:20161125170706p:plain